スタッフブログ

中山 航太郎

PLUS

[2016/05/23]

スタッフ:
中山 航太郎
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様こんにちは。


この度、C4ピカソに

特別使用車が登場しました。


C4PICASSO EXCLUSIVE PLUS


5シーター、7シーターの両方のエクスクルーシブに

特別装備のナビゲーションや電動テールゲート等が追加された

スペシャルモデルです!!


今週末からデビューフェア開催します!!

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

中山 航太郎

お知らせ

[2015/09/18]

スタッフ:
中山 航太郎
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様こんにちは。


大場です。


シルバーウィークってなんですか!?

さて

私どもシトロエン美女木ショールームは

本来火曜定休ではございますが、

シルバーウィーク期間中の火曜日(22日)は

営業しております。

是非ともご来店ください。


尚、サービス工場は通常通り火曜日はお休みいたします。

インヴィンシブルアルマダの憂鬱・・・

[2014/10/29]

スタッフ:
カテゴリー:
シトロエンについて
昨週末の24日~26日、WTCC・2014 FIA 世界ツーリングカー選手権シリーズ JVC KENWOOD 日本ラウンドが三重県、鈴鹿サーキットで行われました。


レース1ではシトロエン C-Elysee (ホセ-マリア・ロペス)が優勝いたしました。

この勝利によって、シトロエンは参戦初年度にもかかわらず「マニュファクチャラーズ」「ドライバーズ」の両部門のチャンピオンの座を手に入れることが確実になりました。


鈴鹿以前のラウンドにおいて「無敵艦隊」の名を恣(ほしいまま)にしてきたシトロエンでしたが、今回の決勝では苦戦を強いられました。

セバスチャン・ローブはスタートに失敗し5番手、先行するシボレー2台を切り崩すことが難しく、結果3番手でゴール。

7周目、2番手を走っていたイバン・ミューラーにアクシデント。通称「デグナーカーブ」でリアタイヤにトラブルが発生して大きくスローダウン。

前日の予選までは磐石の仕上がりを見せていたシトロエンでしたが、決勝では大波乱となりました。


とは言え今回のラウンドで、WRCに続きシトロエン車のポテンシャルの高さが証明されました。

日本にあってはシトロエンのデザイン性の高さにばかり目が向いてしまいがちですが、どうしてシャーシの性能も高いレベルにあることを広く知らしめることができました。


「C-Elysee」が日本に導入されていないのは残念ですが、これを機会に新しいシトロエンファンが増えてくれるなら・・・こんなに嬉しいことはないですね。

パリ モーターショー におけるシトロエン「DS」・・・

[2014/09/27]

スタッフ:
カテゴリー:
シトロエンについて
一昨日の続き・・・


前回はパリモーターショー2014におけるシトロエンの出展を紹介させていただきました。

それではシトロエン「DS Line」は言うと・・・

昨年6月、「DS」は「CITROEN」から発展的に独立し、プレミアムブランドとして新たなスタートを切るとの発表がありました。

今回のショーを、この新たなスタートを世界に広く知らしめる絶好の機会として次のような出展を行います。


プロダクションモデル

・DS3 フェイスリフトモデル
・DS3 CABRIO フェイスリフトモデル

コンセプト

・DIVINE DS(ディヴィーヌDS)
・DS 3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)

注)パリジャン・シックの世界的代名詞であり、ファッションアイコンであるイネス・ド・ラ­・フレサンジュとの特別コラボレーションです。

パリ モーターショー におけるシトロエン・・・

[2014/09/25]

スタッフ:
カテゴリー:
シトロエンについて
来る10月4日~19日、世界五大モーターショーの一つに数えられる「パリ モーターショー 2014」が開催されます。

シトロエンにとっては言わば「地元開催」、当然力が入ります。

22日付けのプレスリリースでは、サブタイトルに「360°にわたるウェルネスのブランドとして」と謳われております。


出展予定は・・・

プロダクションモデル

・C4 CACTUS
・New C1
・C4 PICASSO & GRAND C4 PICASSO

コンセプト

・C4 CACTUS AIRFLOW21

モータースポーツ

・C-Elysee WTCC

技術に関する展示

・Pure Tech
・Blue HDi

注)それぞれ「ユーロ6適合」の最新世代エンジン。


尚、「DSライン」については今回別途リリースが行われましたので、またの機会に紹介させていただきます。